クマのプーさん|今この瞬間を生きる、世界一有名なクマの物語

岩波少年文庫
スポンサーリンク

世界一有名なクマ、プーさんが活躍する楽しいファンタジー。幼い少年クリストファー・ロビンが、美しいイギリスの森を舞台に、プーやコブタ、ウサギ、ロバのイーヨーなど、仲よしの動物たちとゆかいな冒険をくりひろげます。

A.A.ミルン(2000)『クマのプーさん』(石井桃子 訳) 裏表紙 岩波書店

今回紹介するのは岩波少年文庫から出ている『クマのプーさん』。

1926年にA.A.ミルンによって書かれ、1956年に石井桃子が翻訳、2000年に新版が発売されました。

【どんな本?】
クマのぬいぐるみのプーさんと、動物の仲間たち、少年クリストファー・ロビンの日常が描かれた10のエピソード

【こんな人にオススメ】
・忙しい日々を送っている人
・殺伐とした日々を送っている人
・淡々と日々を送っている人

A.A.ミルンの作品をAmazonで探す

A.A.ミルンの作品を楽天で探す

石井桃子の作品をAmazonで探す

石井桃子の作品を楽天で探す

『クマのプーさん』のあらすじ、内容

テディ・ベアのプーを大切にしている少年クリストファー・ロビンが階段を降りてきました。

クリストファー・ロビンは、お父さんである「わたし」にお話をせがみます。

「じゃ、やってみようかね」

わたしは、プーと森の仲間たちがおりなす物語を話し始めました。

『クマのプーさん』で印象に残った箇所

『クマのプーさん』で印象に残った箇所は3つあります。

①詩作が得意なプーさん
②素直なプーさん
③素敵なプーさん

順に詳しく説明していきます。

①詩作が得意なプーさん

プーは、大きな石の上に腰かけると、このことをようくかんがえぬこうとしました。イーヨーのいってることは、まるでなぞみたいです。そして、プーは、とても頭がわるいので、なぞなぞは、あんまりおとくいではないのです。で、プーは、なぞをとくかわりに、カトルストン・パイという歌をうたいました。

(石井 2000: 113)

作中にはがよく出てきます。

そのすべてはプーさんが即興で作ったオリジナル作品です。

抽象的で意味深ですが、くせになる言葉回しとなんとなく素敵な気分になれる余韻は、マザーグースに似ています。

②素直なプーさん

「ぼくは、ばかだった、だまされてた。ぼくは、とっても頭のわるいクマなんだ。」
「きみは、世界第一のクマさ。」クリストファー・ロビンが、なぐさめるようにいいました。
「そうかしら?」と、プーはすこし元気になり、それから、きゅうに元気いっぱいになると、
「ともかくも、もうかれこれ、おひるの時間だ。」と、いいました。

(石井 2000: 68-69)

プーさんは裏表のない素直な性格をしています。

楽しければ喜んで、へまをすれば落ち込みますが、次の瞬間にはケロっとしています。

また、プーさんは苦しい事や辛い目にあうと「いやんなっちゃう!」という口癖が出ます。

大変な事態に陥っても悲壮感や焦燥感がないのは、プーさんがどんな時でもマイペースを崩さないからでしょう。

③素敵なプーさん

「プー、きみ、朝おきたときね、まず第一に、どんなこと、かんがえる?」
「けさのごはんは、なににしよ?ってことだな。」と、プーがいいました。「コブタ、きみは、どんなこと?」
「ぼくはね、きょうは、どんなすばらしいことがあるかな、ってことだよ。」
プーは、かんがえぶかけにうなずきました。
「つまり、おんなじことだね。」と、プーはいいました。

(石井 2000: 239-240)

どちらも素敵すぎるやりとり。

こんなやりとりがふいに出てくるのがプーさんの世界です。

プーさんの名言集や、幸せのヒントみたいな本が出ているのも頷けますね。

『クマのプーさん』の感想

①挿絵がすばらしい

プーさんの挿絵を担当しているのは、E.H.シェパードさん。

線を重ねて描いたスケッチ風の挿絵は、どこか寂しげだけど温かみがあって、プーさんの世界にうまく溶け込んでいます。

1枚絵から小さな挿絵まで合わせるとかなりの量があり、『クマのプーさん』になくてはならない要素の一つとなっていることが分かります。

②合理性とは真逆の物語

プーさんの物語は、合理性や効率とは真逆にあります。

言葉の言い間違い、書き間違いは読みにくく、自然とページをめくるスピードが落ちます。

話の筋と関係ない長文があったり、単純だけど難解な詩や歌が入ったり、一つ一つの行動に無駄が多かったりします。

随所に哲学的な要素はありますが、お話自体に意味や教訓めいた押しつけがましさはありません。

 

ハチミツを見れば食べたくなって、食べたら食べたことを忘れてしまう。

失敗したり困難に直面したら「いやんなっちゃう!」と言って淡々と乗り越えていく。

自分の感情に素直になること、瞬間瞬間を生きること。

今を生きるプーさんたちの姿に、少しだけ羨ましさを感じました。

③世界観、キャラクター、挿絵の絶妙なバランス

森や川など豊かな自然が出てくる牧歌的な世界観。

そこで繰り広げられる個性的なキャラクターたちの何でもないやり取り。

そこに温かみがあるけど寂しげなイラストが加わることで、すべてのシーンがどうしようもなく詩的な趣を放ち始めます。

 

のほほんとした優しい世界に「寂しさ」が加わるのは、スパイスとして相性がいいと思いました。

シナモンのように、適度に交じることで絶妙な味わいになるのは物語も同じこと。

「寂しさ」にすべて支配されるのは嫌ですが、自分は寂しいことも好きです。

まとめ

プーさんといえば赤シャツの黄色グマ。

おそらくほとんどの人が連想するプーさんは、ディズニーによるところが大きいのではないでしょうか。

自分はディズニーのプーさんを見たことはありませんが、キャラクターとしてのイメージが完全に定着していて、逆にそれが原作を遠ざける要因になっていた気がします。

※ちなみに、ディズニーの公式チャンネルでプーさんのショートアニメを見ることができます。

原作を読むにあたって先入観が拭いきれないのは仕方ないこと。

しかし、それを補って余りあるほど、プーさんの詩的かつ牧歌的な世界観には大きな魅力がありました。

 

そして児童文学全般に言えることですが、事務的に読んだり、早く読んだり、読み流したりすると、作品の良さが半減してしまう恐れがあります。

よく晴れた日に近所のカフェや公園で、もしくは眠る前のベッドの中で、ゆっくりとページをめくることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました