週休3日16時上がりで国際競争力世界1位のデンマークやばい!という本を読んだ話

流行・話題の本
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

デンマーク人はなぜ4時に帰っても成果を出せるのか』を読みました。

著者は針貝有佳さん、発売は2023年、PHP研究所から。

開催中のAmazonキャンペーン

内容/あらすじとか

2022-2023年に国際競争力で世界ナンバーワンになった国デンマークでは、多くの会社員が16時に仕事を終えて帰宅しているそうです。短い労働時間で圧倒的な成果をあげるデンマーク人はどんな風に仕事をしているのでしょうか。デンマーク在住のデンマーク文化研究家である筆者がその謎に迫った本です。

※国際競争力とは「一国の産業・企業、あるいはその製品・サービスが、国際市場でシェアを拡大し、市場に影響を与える力。また、国や都市が、他国から企業や人材を呼び込み、経済的な繁栄を達成する能力」のこと(goo辞書)。

『デンマーク人はなぜ4時に帰っても成果を出せるのか』の感想/レビュー

16時に終業、週休は3日。

こういった業務形態は誰もが憧れるところ。しかし個人で勝手に変えられるものでないのが現実です。社会の仕組みや働き方も異なる日本では、指をくわえて見ていることしかできないのではないか。本書を読む前にはそんな風に思っていました。

しかし本書の主張は、日本もデンマーク式に変えましょうといってるわけでも、デンマークを自慢したいわけでもなく、より本質的な部分での変化。つまりデンマーク人の人生観、仕事観、物事の考え方で参考になる点が多々あるという示唆を与えることが目的となっています。

 

結論からいうと、デンマークの国際競争力の強さの秘密は以下のように言えます。

  • 柔軟に意見を交わし合える社会性を持った人材が、自身の適正と関心に合った役割を担い、無理なく無理させず効率的に仕事をこなし、プライベート(家族、恋人、友人、一人の時間)を何よりも優先するから圧倒的な成果を出せる

一言にまとめるとふわっとしすぎて入ってこないので、詳細はぜひ本の中で。個人的に印象に残ったのは柔軟に意見を交わし合える土壌がデンマークにあるということです。

自分の意見を伝える。他人の意見も聞く。自分を犠牲にして他人に同調するわけでもなく、他人を差して置いて自分が前に出るわけでもない。競い合うのではなく、お互いを尊重して耳を傾ける。(中略)そのうえで問題があれば、対話によって妥協点と解決策を模索する(針貝 2023:215-216)

疑問や反対意見は相手の人格を否定しているわけではない、議論では立場に関係なく相手の話をしっかり聞く、といった社会性は日本ではまだまだ希薄なように思います。少なくとも自分は意見を却下されたり、反対されると自分の人格ごと否定されたような気分になることがあります(相手の言い方に問題があったり、本当に人格否定のつもりで言われているのかもしれませんが)。逆に自分が意見するときも伝え方を工夫しないと相手の機嫌を損ねてしまったり、傷つけてしまう恐れがあると考えています。結果、めんどうだから適当に合わせておこうとなり、建前だけの浅いコミュニケーションが出来上がります。

意見、議論の目的は相手を負かすことでも否定することでもなく、より建設的な案を出すこと。これが根っこの部分で当たり前の感覚になるには時間がかかりそうで、特に難しいのはお互いがこの目的を理解していなければいけないところです。

 

もう一つ強く印象に残った点は、デンマーク人はどんな企業に勤めているかよりも、何をしているかにアイデンティティを感じている人が多いということです。自分は何をしている人なのか、社会に、人にどんな貢献をしているのか。自分のやっていることが誰を幸せにしているのか。自分に照らして考えた時、ハッキリといえずに言葉に詰まってしまったことが地味にショックでした。

これはアイデンティティだけでなく、ビジネスの本質に関わる問いだと思います。なぜならビジネスとは、価値を創出することで対価(お金)をもらう営みであるから。誰に向けてどんな価値を提供しているか説明できないのは、自分で何をやっているのかよくわかっていないということ。ビジネスの視点でいえばターゲットが絞れていない時点で儲かるはずもないし、自分のやっていることに誇りを持てなければ意欲も生まれません。副業やフリーランスなど個人で稼ぐのが当たり前になっているからこそ、自分の興味関心を他者にどういう形で還元できるかをはっきりさせておくことは、かなり重要だと思った次第です。

『デンマーク人はなぜ4時に帰っても成果を出せるのか』のハイライト/印象に残った箇所

その他、印象に残った点や学びについて。

時間は資源、時間をどう使うかにもっと意識的になろう

私たちの時間は奪われている。色んなことに時間を奪われていながら、そのことに無自覚でいる。あっちからも、こっちからも、色んなことに意識が向けられて、振り回されてる。だから、私たちは時間を取り戻さなきゃいけない(針貝 2023:72)

「時間が盗まれていく!」。時代を越えて『モモ』のメッセージが突き刺さります。スマホ、SNS、動画サイトは見ている最中は楽しいかもしれませんが、後から振り返ってよかったと思えることは稀です(その記憶すら残らないのがほとんど)。

自分がもっとも大切にしたいことは何か、そのために何をするべきか。どのように時間を使うか。選ぶのは自分、ぼんやりと適当に垂れ流すのも自分。時間は有限。「時間を使う」ことに対して、慎重に、意識的になる必要があると感じます。

プライベートタイムにまで効率(タイムパフォーマンス)を求めてはいけない

本当に大切なプライベートタイムにまで「タイパ」を持ち込んではいけないということだ。大切なひとときまで時間を意識していたら、せっかくの贅沢なひとときが台無しになってしまう。そうではなくて、本当に大切なひとときを存分に満喫するために、徹底的に仕事の「タイパ」を考えるのだ(針貝 2023:74)

コストパフォーマンスもタイムパフォーマンスも使いどころ。何でもかんでもやるのは何か違うなと感じていたので同感です。

なぜ?と問い合う建設的なコミュニケーションを大切に

「ただの不平不満じはダメよ。『なんでこんな仕事しなきゃいけないの?』とずっと文句を言ってるのは違う。そうじゃなくて、自分がより良い成果を出すためにはどうしたら良いか。会社がより良い成果を出すためにはどうしたら良いか。成果に対して好奇心を持って、建設的なコミュニケーションをするの」(針貝 2023:191)

これは自問自答でも大切な考え方。嫌味なくなぜを問い合える関係性を他者とも自分とも構築したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました