人文・思想

心理学

スマホ脳|スマホ依存が脳にもたらす影響とデジタル社会で健康に生きる方法を考える

平均で一日四時間、若者の二割は七時間も使うスマホ。だがスティーブ・ジョブズを筆頭に、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えないという。なぜか?睡眠障害、うつ、記憶力や集中力、学力の低下、依存―最新研究が明らかにするのはスマホの便...
岩波新書

日本の思想|60年以上読み継がれてきた岩波新書の代表的名著

現代日本の思想が当面する問題は何か。その日本的特質はどこにあり、何に由来するものなのか。日本人の内面生活における思想の入りこみかた、それらの相互関係を構造的な視角から追求していくことによって、新しい時代の思想を創造するために、いかなる方法意...
言語学

日本語のレトリック: 文章表現の技法|ブログやSNSで使えるレトリックの教科書

「人生は旅だ」「筆をとる」「負けるが勝ち」「一日千秋の思い」……。ちょっとした言い回しやたくみな文章表現で、読む者に強い印象を与えるレトリック。そのなかから隠喩や換喩、パロディーなど30を取り上げる。清少納言、夏目漱石から井上ひさし、宮部み...
単行本・文庫本

ブッダの獅子吼|原始仏典を日常生活に活かすことで悟りは得られる

悩みや苦しみ、執着などを消す合理的な教え…瞑想や座禅、マインドフルネスの先を行く、釈迦の真の悟りとは?法に目覚める30の要点!!(「Amazon」商品説明より) 今回紹介するのは『ブッダの獅子吼ししく 原始仏典・法華経の仏教入門』。 ...
岩波文庫

忘れられた日本人|知的好奇心を刺激する日本各地の不思議な伝承・風習の記録

昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907-81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と...
単行本・文庫本

ソクラテスの弁明|わずか100ページに詰め込まれた一生使える普遍の哲学

ソクラテスの生と死は、今でも強烈な個性をもって私たちに迫ってくる。 しかし、彼は特別な人間ではない。 ただ、真に人間であった。 彼が示したのは、「知を愛し求める」あり方、つまり哲学者であることが、人間として生きることだ、ということ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました